ドッグフードに比較をしてどのような違いがあるのか

23-07

寡少食事量の中で、どれだけ多くの必要となるエネルギーを摂取することが出来るかが肝となります。体重に対する必要カロリーとしましては、成犬に比べて2倍程度必要と言われていますので、どんなにエネルギーが必要となってくるのかがわかると思います。

形態によってドライタイプ、ウェットタイプに分けることができ、さらに目的別としましては、仔犬用、成犬用、老犬用、ダイエット用、嗜好用のドッグフードなどといったものを挙げることが出来ます。そのことから、子犬用のドッグフードというのは栄養価はもちろん、カロリーに関しても成犬用に比べて高くなっています。

これにより、形ばかりの食事量だったとしても必要な栄養やカロリーをきちんと摂取することが出来るのです。ドライタイプの仔犬向けドッグフードについてですが、仔犬というのは成長するためには多くの栄養が必要となってきます。

これは食べ難いと感じる物に対して、食べない事もよくあることですので、食べやすさの為の犬への配慮ということになります。仔犬向けのドッグフードというのは、その他のドッグフードに比較をしてどのような違いがあるのか気になります。

しかし、一番の食事の時に与えた場合、好んで食べようとしないケースもあるのが一つのデメリットと言えるかもしれません。まず仔犬の場合には、多くのエネルギーを必要としていることだけではなく、まだ筋肉が未発達となっていますので、噛む力が薄弱のです。

ドッグフードと言いましても、様々な種類が発売されています。このことから、成犬用のドライタイプドッグフードと比較し、多少柔らか目になっており、砕けやすいという特徴があります。

また、仔犬というのは、一度に食べることの出来る量が成犬に比べて少なくなっています。

関連記事

コメントは利用できません。

return top